脱毛LOVEトップ みんなの脱毛コラム 脱毛お役立ち情報

【まとめ】脱毛について100%理解!脱毛の前後で知りたいことあなたも全部わかる!

脱毛をしたい!でも、まだ脱毛のことがよく分からない……というあなた。

ご安心ください。脱毛専門の検索サイトにして日本中の脱毛情報が集まる脱毛LOVEが、脱毛の前後で知りたい全ての事をまとめました。

この記事を読めば、脱毛に必要な全ての知識があなたの元に届きますよ。

 

今よりも美しくなりたい!と願うなら、脱毛でツルツルスベスベの肌を手に入れましょう!

また、美しさだけではなく肌の健康や将来のためにも、脱毛はおすすめなんです。

ただし、誤った知識は美しさを損ねて高い費用がかかってしまうことも。そんな思いをしないためにも、この記事を読んで正しく脱毛をしていきましょう!

 

脱毛方法は3種類。各種類の違いを解説!

まずは、脱毛の種類・方法についてまずは知っておきましょう。脱毛ができるのは、大きく分けて以下の種類があります。

医療脱毛は、免許を持った医師が医療レーザーで脱毛を行っていく方法。医師が行うので、安全性が最も高い方法です。費用はかかりますが、短期間でできるのも特徴です。

これに対して脱毛サロンは、医療レーザーよりも出力が低い光脱毛で脱毛を進めていく方法です。

出力が低いために時間がかかりやすいですが、キャンペーンを行っているサロンも多く、比較的オトクに脱毛できるのが特徴です。

家庭用脱毛器は、その名の通り家庭で使える専用の脱毛器を使って、脱毛を進めていく方法です。自分で行う分、手間は増えますが、費用を最も抑えられるのが特徴です。

ではそれぞれの違いについて、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

クリニックの医療脱毛とは?永久脱毛が特徴

クリニックで行う医療脱毛は、脱毛方法の中で唯一永久脱毛が行えます

そもそも、脱毛というのは人の細胞に影響を与える行為なので、医療行為に当たるんです。また、「永久脱毛ができる」と謳えるのは国の許可が必要です。

その為、永久脱毛ができるのは国の許可を得ている医師が行う脱毛だけなんです。

脱毛サロンも限りなく永久脱毛に近い効果を得られるようになっていますが、厳密な意味では永久脱毛ができるのは医療脱毛だけなんですよ。

ただし、医療脱毛は効果が高くて医療期間としてのアフターケアも行っている分、コストがかかるのも特徴です。

光脱毛と医療脱毛について、全身脱毛完了までにかかる費用で比べたのが次の表です。

脱毛方法 全身脱毛完了にかかる費用
光脱毛 12万~20万円程度
医療脱毛 20万~30万円程度

光脱毛に比べて、医療脱毛は総額が倍程度になることもあります。

最近は、手頃な価格で脱毛が受けられるクリニックは増えていますが、安く脱毛したい!という人にとっては、注意が必要です。。

脱毛サロンの光脱毛とは?痛みが少ないのが特徴

一方の脱毛サロンで受けられる光脱毛は医療脱毛よりも値段が安く気軽に受けられるのが特徴です。

サロンによっては美肌になれるアフターケアや痩身マッサージなど、より美しくなれるサービスが付いているところもあります。

光脱毛には主に4種類の脱毛方法があり、それぞれムダ毛へのアプローチが違うため、脱毛効果や痛みに差があります。簡単にまとめた表を下に示します。

脱毛方法 脱毛効果 痛み 導入しているサロン
IPL脱毛

4つの中では最も脱毛効果が高い

輪ゴムで弾いたような痛さ

銀座カラーキレイモTBCエピレジェイエステなど
SSC脱毛

ジェルを使用するため美容効果も期待できる

IPLよりは痛みを感じにくい

ミュゼ脱毛ラボ、コロリーなど
SHR脱毛

効果は低めだが毛周期に関係なく脱毛可能

温かさを感じる程度

ストラッシュラココなど
ハイパースキン脱毛

産毛への効果が高く、日焼けやほくろもOK

温かさを感じる程度

ディオーネなど

脱毛方法ごとに比較すると、痛みが強いほど効果も強い傾向にあることがわかりますね。

ただ費用についてはサロンごとに大きく異なりますので、どの脱毛方法なら安い、といったことは言えません。

また、光脱毛は毛根を弱らせていくので、脱毛回数も12~18回程度とかなり多いです。医療脱毛が5~8回で終了することを考えると、脱毛完了までの期間はかなり長くなりますね。

自己処理でリスクが低い脱毛とは?3種類を解説

自ら足を運んでプロに施術してもらう医療脱毛や光脱毛に比べ、自己処理脱毛はいつでも自宅で手軽に脱毛をすることができます。

具体的には次の3つのような方法があります。

脱毛方法 特徴
家庭用脱毛器 出力は弱めだがサロンの脱毛を自宅で再現できる。手間はかかるがコスパはサロンやクリニックよりも◎!
ブラジリアンワックス 広範囲の毛を毛根から一気に引き抜ける。痛みが伴うが仕上がりがきれい。専門のサロンもあり。
除毛クリーム クリームを塗り少し待って洗い流すだけ!痛みもなく抑毛効果や美肌効果がある商品も多い。

ブラジリアンワックスには毛が薄くなっていくという脱毛効果はありませんが、家庭用脱毛器や一部の除毛クリームは自己処理頻度を減らせるという特徴もあります。

ただ、使い方を誤ったり体質に合わなかったりすると、肌トラブルの原因となる可能性もあります。

また、手の届きにくい部分はムラになりやすい傾向にありますね。そういったリスクが伴うのは自己処理脱毛のデメリットだと言えます。

 

脱毛当日の流れを解説!誰もが通る5STEPとは?

電話予約する女性

はじめて脱毛を受ける時は、当日何をすればいいのか心配ですよね。基本的にサロンでもクリニックでも脱毛の流れは同じです。

  1. 電話やwebで予約をする
  2. 前日にムダ毛処理を済ませておく
  3. 受付を済ませ、個室やロッカールームで専用の服に着替える
  4. 施術室に移動し脱毛開始
  5. 脱毛完了後は着替えやメイクをし、受付で次の予約などを行う

予約ができたら脱毛当日までに、ムダ毛処理をしっかり行いましょう。毛が少し生えている状態がベストなので、毛抜きで毛根から抜いてしまわないでくださいね。

脱毛当日は受付を済ませた後、脱毛がしやすいガウンやタンクトップなどに着替えます。

VIOの施術では紙パンツを用意してくれるところもありますよ。施術は個室または半個室で行われ、スタッフと楽しく話しながら過ごせます。

施術後はメイクルームもありますのでゆっくり着替えて完了です!わからないことはスタッフに聞けばいつでも教えてくれるので安心してくださいね。

脱毛はアフターケアも重要!ポイントは保湿と肌ケア

脱毛後は肌が非常に敏感な状態です。軽く炎症を起こしたような状態になっていることもあるので、アフターケアをしっかり行いましょう。

クリニックでは軟膏をもらえることもありますので、それを塗っておけば大丈夫です。

サロンは専用のアフターケア商品を販売しているところもありますが、もちろん市販品でも問題ありません。

アフターケアを行う際は、保湿作用の高いものや抗炎症作用のあるものを選ぶと効果的なのでおすすめですよ。

また、脱毛直後の入浴や日焼けも控えましょう。入浴による急激な体温上昇や紫外線による刺激は、余計な肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

赤みやほてりが気になる場合は、水で濡らしたタオルでゆっくりと冷やしてください。

保湿を行うことで炎症がスムーズにひくことも多いので、いずれにせよ肌ケアは念入りに行ってくださいね。

 

脱毛部位別の特徴を解説!メリットや必要な費用・期間とは?

腕を触る女性

全身脱毛をしてみたい!という人からワキだけ、腕だけ、という風に部分脱毛に興味がある人もいるでしょう。

では、それぞれの部位ごとに必要な料金の相場や目安の回数はどのくらいなのでしょうか?主要なサロン・クリニック約20社を調べてわかった大体の相場をご紹介します。

部位ごとに脱毛のメリット・デメリットや選ぶ際のポイントも記載しています。自分が興味ない部位も見ることで新たな発見があるかもしれないので、合わせてご覧くださいね。

 

≫脱毛部位って全部でいくつ?部位ごとの特徴から、脱毛適正を診断!

≫脱毛の費用と効果を比較!サロン?クリニック?自宅?あなたはどれ向き!?

≫脱毛完了までの回数、最短で何回!?短期間で脱毛を終えたい人必見!

【全身脱毛】脱毛サロンもクリニックも人気のプラン

最近は手頃な価格で全身脱毛ができるサロンやクリニックが増えています。どこを脱毛すべきか選べない場合は、思い切って全身脱毛を選んでみましょう。

まず、全身脱毛のメリットとデメリットには次のようなものが挙げられます。

全身脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
自己処理から解放される

毛の生え方にムラがなくなる

値段が高い

サロンやクリニックによっては顔とVIOが全身脱毛に含まれていない場合もあります。さらに1回の施術で全身を脱毛してくれるのか、一部のみしか脱毛してくれないのかも注意しておきたいポイントですね。

値段が少し高くなっても顔やVIOがセットになっている方が圧倒的にお得なので、プランの詳細内容はしっかりチェックしておきましょう。

 

それぞれの費用や回数は以下の通りです。

全身脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 30万円前後 40万円前後
1回あたり 2~3万円 5~6万円
脱毛完了までの回数 12~18回 5~8回

全身脱毛には毛が細い部位も含まれるため、完全につるつるにするには18回程度照射する方が良いです。

銀座カラーなどのように通い放題プランを導入しているところもありますので、満足するまで通いたい人はそういったところを選びましょう。

【顔脱毛】人の印象を決める部位!脱毛NGゾーンに注意

痛みの少ない脱毛方式も台頭し、顔脱毛の需要も高まってきています。自己処理では傷つけたり肌トラブルになったりするリスクも高いので、プロにおまかせしましょう。

そんな顔脱毛のメリット・デメリットはこちら。

顔脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
顔が明るくなり、化粧ノリが良くなる 施術してもらえない部位がある

目の周り、眉毛の下あたりは医療脱毛でしか脱毛できません。またおでこなど一部は顔脱毛に含まれていない場合もあります。まんべんなく脱毛したい人は脱毛を契約する前に確認しておきましょう。

 

顔脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 8~15万円 8~15万円
1回あたり 1万円前後 2万円前後
脱毛完了までの回数 18回 5~8回

顔は産毛が多く、脱毛完了まで時間がかかるのが特徴です。料金はサロン・クリニックごとに大きく違い、クリニックでもサロン並みの安さで受けられるところもあります。

【ワキ脱毛】人気No1部位!注目はキャンペーン

キャンペーンが豊富で最も気軽に受けられる部位はワキ!夏場は特に人に見られやすいので、ワキだけでもまずは脱毛してみると良いでしょう。

そんなワキ脱毛のメリット・デメリットはこちら。

ワキ脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
価格が安く挑戦しやすい

自己処理による黒ずみや埋没毛が改善される

毛が太いため痛みを感じやすい

ワキ脱毛はキャンペーンを利用するのがお得です。

VIOなど他の部位とセットになっていることも多いので、とりあえず脱毛をしてみたいという人はそういったサロンやクリニックを選んでみてくださいね。

 

ワキ脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 1万円前後 1~2万円
1回あたり 1,000~2,000円 2,500円前後
脱毛完了までの回数 12回 5~6回

ワキ脱毛の最安値といえばミュゼプラチナム。通い放題なのにワンコイン以下の価格で通えるのが魅力です。

アリシアクリニックなど、医療脱毛でも安ければ1万円台で通えてしまうので、脱毛初心者にはぴったりですね。

【胸脱毛】範囲の違いに要注意!

胸の開いた服を着るとき、胸やデコルテのムダ毛もきちんと処理しておきたいですよね。男性の胸毛だけでなく、女性も胸の脱毛をする人が増えています。

胸脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
胸の開いた服を自信を持って着られる 最初は施術が恥ずかしい場合も

デリケートな部位なので見せるのが恥ずかしいという人も多いでしょう。しかしサロンやクリニックの人は淡々と脱毛を進めてくれるので、そういった心配は要りません。

乳がんになりやすいという情報もありますがこれはウソなので安心してくださいね。

胸脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 3~6万円 6~10万円
1回あたり 1,000~2,000円 2,500円前後
脱毛完了までの回数 12回 5~6回

全身脱毛にも胸は含まれていますが、価格的にそちらの方がお得な場合もあります。また、胸脱毛には基本的に乳輪は含まれていないので注意しましょう。

本数が少ない場合はエステティックTBCのようなニードル脱毛が向いている場合もありますよ。

【乳首・乳輪脱毛】脱毛できるサロンは少なめ

裸になったとき乳輪に毛が生えていると幻滅されてしまいます。自己処理では危ない乳輪周りもプロにお任せしたい部位のひとつですよね。

乳輪周りの脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
自己処理のリスクを回避できる

見た目に清潔感が出る

効果に個人差が大きい

乳輪の色によっても照射できる範囲が変わりますので、毛質と合わせて個人差の大きい部位になります。また、乳輪周りだけでなく胸全体と合わせて脱毛してしまう方がムラもなくなるのでおすすめですよ。

 

乳輪周りの脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 3万円前後 2~6万円
1回あたり 3,000円前後 1万円前後
脱毛完了までの回数 12~15回 5~6回

乳輪周りは部分脱毛のSパーツとして扱っているところが多いです。乳輪周りだけなのか乳首まで脱毛してくれるのかはサロン・クリニックで異なります

ストラッシュエステティックTBCKM新宿クリニックなどは乳首まで照射してもらえますよ。

【腕脱毛】部位が分かれる点には注意!

腕は最も人目に触れる部位ですが、自己処理で済ませている人も多いのではないでしょうか。

自分では処理しきれない産毛もサロンやクリニックならきれいに無くすことができますよ。

腕脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
肌見せに自信がつきファッションの幅が広がる

触り心地が圧倒的に良くなる

腕全体にすると価格が高くなる

腕は他人と触れやすい部位なので、剃毛後のジョリっとした肌触りから解放されるのは大きなメリットです。

ただ、サロンやクリニックによっては全身脱毛の方がコスパがいいことも多いので、比較しながら検討してくださいね。

 

腕脱毛(ひじ上またはひじ下)の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 5~10万円 6~12万円
1回あたり 4,000~6,000円 1~2万円
脱毛完了までの回数 15~18回 6~8回

腕脱毛はひじ上・下でプランが分かれています。腕全体を脱毛するならおよそ倍の値段がかかると考えてください。

腕は産毛もびっしり生えているので、完全に無くすためには照射回数も多くなってしまいます。

ひじ下は破格のキャンペーンをしているところもあるので、それらも積極的に利用しましょう。

【手の甲・指脱毛】意外と見られる部位!

ムダ毛だけでなく毛穴も目立ちやすい指の毛は、早めに毛根から無くしてしまいましょう。特に仕事をされている人はエチケットとしてもおすすめです。

指脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
指先が美しい状態を保てる

価格が安く気軽に通える

乾燥しやすくなる

手が乾燥しやすい人は毛がなくなることでさらに乾燥を招く恐れもあります。照射後はしっかりと保湿を行ってくださいね。

 

指脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 3万円前後 2~6万円
1回あたり 3,000円前後 1万円前後
脱毛完了までの回数 15回前後 5~6回

指脱毛は手の甲とセットでSパーツとして脱毛を行うサロン・クリニックが多いです。1回の施術に5~10分しかかからないので、気軽に通えますね

キレイモはカウンセリング時に無料でハンド脱毛を体験できます。そういったところで一度試すのも良いでしょう。

【背中脱毛】ワンランク上のオシャレを。

背中は自分では見えづらいですが、産毛がたくさん生えていてムダ毛として目に付きやすい部位です。

自己処理では難しいので脱毛のムラを防ぐためにもサロンやクリニックにお願いすると良いでしょう。

背中脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
背中美人になり着る服の幅が広がる

ニキビなど背中の肌トラブルを改善できる

背中全体の施術は価格が高くなる

背中は上下を分けた上で部分脱毛のLパーツとして脱毛を行っているサロン・クリニックが多いです。

その分価格も高くなるので、全身脱毛を選択した方が良い場合もあります。通うサロン・クリニック選びは慎重に行いましょう。

 

背中脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 9~16万円 8~16万円
1回あたり 1万円前後 2~3万円
脱毛完了までの回数 12~16回前後 5~8回

背中は自己処理しづらいのでディオーネリゼクリニックアリシアクリニックなどシェービングが無料のところを選ぶのがコツです。

またミュゼジェイエステティックでは格安キャンペーンを行っているので、それらをはしごするのもおすすめです。

【お腹脱毛】意外と気になる部位は脱毛方法に注意

自己処理をすると逆に目立ってしまいがちなお腹周りのムダ毛。出産を経て濃くなってしまったという女性もいるでしょう。

そんなお腹周りのムダ毛もきれいに脱毛できます。

お腹脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
毛穴が目立たなくなる 痛みや冷たさを感じやすい

お腹の皮膚は意外に敏感で、冷たいジェルで冷えたり痛みに耐えられなかったりする場合もあります。お腹だけ脱毛するなら、そういった側面も考えて選んでみてくださいね。

 

お腹脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 3~5万円前後 5~8万円
1回あたり 3,000~5000円 1万円前後
脱毛完了までの回数 15~18回 6~8回

上ではお腹全体の脱毛料金を示しました。へそ周りだけで良い場合は大体半額くらいになります。

ただお腹はよく見ると全体に毛が生えているので、へそ周りだけにすると逆に不自然になってしまう可能性があります

【VIO脱毛】人気急上昇中の部位!

デリケートな部位だけに他人に見られるのは恥ずかしいと敬遠しがちなVIO脱毛。

しかし最近は手頃なプランも増え、VIOを脱毛するのが当たり前になってきています。

VIO脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
デリケートゾーンを清潔に保てる

下着や水着からムダ毛がはみ出ない

痛みを感じやすい

IOラインは特に施術してもらうのが恥ずかしい

VIOがすっきりすると生理の際のストレスもかなり軽減されます。ただこの部位の剃毛も自分では難しいので、背中同様シェービングサービスのあるところを選ぶのがおすすめですよ。

VIO脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 10~15万円前後 6~10万円
1回あたり 1万円前後 1~2万円
脱毛完了までの回数 12~18回前後 5~8回

VIOは完全に無毛にするハイジニーナから少し毛量を減らすデザイン照射まで、目的の毛量が様々です。そのゴールによって脱毛期間も変わってきます。

また痛みを非常に感じやすい部位なので、心配な方はVIO専門のサロンであるプリートなどにお任せするのもひとつの手ですよ。

恥ずかしい部位ですが実際VIO脱毛の際はスタッフも紙パンツをずらしながら照射したり雑談してくれたりと配慮してくれます。

すぐに慣れるので安心してくださいね。

【足・ひざ下脱毛】大人気の部位はキャンペーンが豊富

せっかく綺麗な足でもムダ毛があっては台無しです。また自己処理を繰り返して毛穴が目立つという人も少なくないでしょう。

夏場の肌見せの季節になる前に、足もしっかり脱毛しておきたいですね。

ひざ下脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
チクチクしない見せられるひざ下になれる 脱毛に時間がかかる(30分以上)

ひざ下だけ脱毛するとひざを境目に毛の生え方が違ってしまいます。

もしお金に余裕があれば足全体を脱毛してしまいましょう。美脚を手にいれる近道になりますよ。

 

ひざ下脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 5~7万円前後 4~10万円
1回あたり 4,000~6,000円 1~2万円
脱毛完了までの回数 12~15回前後 5~6回

ひざ下も人気部位ですので特にサロンで安く受けられるところが多いです。

ジェイエステティックミュゼではお試し価格で1回分の脱毛ができるので、そちらもチェックしてくださいね。

【太もも・ひざ上脱毛】ひざ下とまとめて脱毛がオススメ

太もものムダ毛は意外と目立ちます。ひざ下と合わせて無毛にしておきたい部位ですね。

ひざ上脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
範囲が広いひざ上の自己処理をせずに済む 脱毛に時間がかかる

ひざ下脱毛と同様、太ももも範囲が広いので脱毛には意外と時間がかかります。30分~1時間は見ておきましょう。

産毛も多いので、SHR脱毛のようにメラニンに関係なく脱毛できる方法を選ぶのもおすすめです。

 

ひざ上脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 5万円前後 10万円前後
1回あたり 4,000円前後 2万円前後
脱毛完了までの回数 12~15回 5~6回

ひざ下のパーツも同様ですが、ひざ自体は含まれていません。もし足全体を脱毛したいなら「ひざ下+ひざ+ひざ上」というセットで契約する必要があります。

脚脱毛セットなどのプランを打ち出しているサロンやクリニックもあり、別々に部分脱毛するより圧倒的にお得ですよ。

【お尻脱毛】見えにくい部位だからこそ脱毛したい部位

お尻の脱毛なんて必要?と思うかもしれませんが、お尻の脱毛をするのとしないのとでは見た目も違ってきます。

全身脱毛にヒップ脱毛が含まれていない場合もあるので、気になる人はお尻も脱毛しておきたいですね。

お尻脱毛のメリット・デメリット

メリット デメリット
黒ずみを改善できる可能性がある

どんな下着や水着でも着こなせる

産毛なので効果が出るまでに時間がかかる

脚脱毛同様、お尻と太もも、腰などで毛量に差があると不自然なので、近接するパーツは一緒に脱毛することをおすすめします。

 

お尻脱毛の費用と回数目安

料金相場 サロン クリニック
費用 総額 5万円程度 5~6万円
1回あたり 4,000円前後 1万円前後
脱毛完了までの回数 18回程度 6~8回

お尻は部分脱毛のLパーツに該当します。ちなみにOラインは含まれないので注意してくださいね。

女性の場合は毛が薄いので、できるだけ多く通う方が良いでしょう。

産毛脱毛は時間がかかる?おすすめの方法を解説!

産毛は濃い毛に比べて効果が出にくく、脱毛の効果を実感するまでにも時間がかかります。顔や背中、お尻などが特に当てはまりますね。

では産毛までつるつるにするためにはどのような方法を選べば良いのでしょうか?おすすめの方法は2つです。

  • SHR脱毛を選ぶ
  • 医療脱毛を受ける

 

SHR脱毛はメラニン色素に関係なく脱毛できます。
一方、他の脱毛方法の場合は色素の薄い産毛に反応しづらく、結果脱毛効果も落ちてしまうのです。SHR脱毛であればそういった心配がいらないので産毛脱毛にはぴったりなんです!

また、医療脱毛は光脱毛に比べて照射パワーが強いので、産毛までしっかり脱毛できます。

さらに蓄熱式のレーザー脱毛器(メディオスターNeXTやソプラノ)は産毛への効果が高いので、そういった脱毛マシンを導入しているクリニックに注目してみるのもおすすめですよ。

脱毛サロンとクリニックの選び方が分かる3つのポイント

サロン受付女性

脱毛初心者であればどうやってサロンやクリニックを選べばいいのかわかりませんよね。

そこで自分に合ったサロンやクリニックを選ぶ方法について見ていきましょう。選び方のポイントは大きく分けて3つです。

  • サロンなのかクリニックなのか
  • 通いやすい場所かどうか
  • カウンセリングで最終チェック

 

最初に考えるべきは、サロンにするのかクリニックにするのかということです。

いつまでに脱毛を終了したいのか、通う頻度はどれくらいがいいのか、痛み、予算など総合的に判断する必要があります。

そしてある程度候補が絞れたら立地をチェックします。
通いやすい場所にあることは非常に重要なので、家や職場の近くを選ぶようにしましょう。

そして最後はカウンセリングです。
お店の雰囲気やスタッフの対応、衛生面などは実際に行ってみないと分かりません。

こういったことが原因で通うのをやめてしまう人もいるので、納得できる環境かどうかを確認しておきましょう。

脱毛前に必ず知っておきたい注意点とは?

破格のキャンペーンや魅力的な広告につられて安易に契約してしまわないように、いくつか注意すべきポイントを挙げておきます。

まずは「価格だけで判断しない」ということです。

安さの裏には必ず理由があります。全身脱毛なのに全身を1周するのに1年かかる、脱毛範囲の定義が他のサロン・クリニックと異なる、など蓋を開けてみると想像と違った、ということも少なくありません。

また、キャンセル料やシェービング代など追加料金がどのくらいかかるのかも考慮に入れた上で判断しましょう。

また、「施術を受けられる条件を満たしているか」も要チェックです。

日焼けや病気、歯の矯正などの理由でサロンやクリニックでの施術を断られる場合もあります。不安な場合はカウンセリング時に確認をとっておきましょう。

まとめ:脱毛は適切な処理が大切!プロに任せよう

今回は脱毛の方法から部位ごとの費用・回数の目安、そして脱毛サロンやクリニックの選び方まで網羅的にご紹介しました。

脱毛を始める前に目を通せば、ひととおり理解できている状態になっているはずです!

今、自己流のムダ毛処理をしている人は肌を傷つける可能性があるので、できる限りプロにお任せしましょう。

脱毛サロンやクリニックはそれぞれにかなり特徴があり、選び方次第で結果も左右されます。

どの部位を脱毛するにせよかなり高い買い物になることは間違いないので、自分に合ったサロンやクリニックをじっくり選んでくださいね。

 

 

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報
11月人気No.1