脱毛LOVEトップ みんなの脱毛コラム 脱毛QA 未成年でも脱毛はできる?

未成年でも脱毛ってできるの?年代ごとの注意点とは?

最近では未成年の方でも脱毛を受ける方が多く、脱毛が幅広く多くの方に利用される時代になってきました。こんな時に気になるのが、脱毛と年齢の関係です。

実はお肌というのは年齢によって徐々に変化を遂げており、年代別にしっかりとお肌の特徴を理解して脱毛を受けなければトラブルを経験してしまう原因になります。

これから脱毛を受けようと考えている方に向けて、年齢と脱毛の関係について、また未成年の方でも脱毛を受けることができるのかどうか詳しくご紹介したいと思います。

脱毛と年齢にはどんな関係があるの?

脱毛と年齢には関係があるの?

脱毛を受ける時に注意していただきたい項目の一つに、年齢とお肌の関係があります。

脱毛はサロンの脱毛でも美容クリニックの脱毛でもお肌の状態が悪かったり、お肌の状態を意識して利用しないと満足いくように脱毛ができないことがあります。

年齢によるお肌の変化と脱毛との関係についてしっかりと理解し、満足のいく脱毛ができるようにしっかりと知識をつけていきましょう。

知って起きたいお肌と年齢の重要な関係!

お肌というのは様々な働きがあり、美容にも健康にも特に注意が必要な体の器官です。お肌の性質の中でも、特に年齢が変わることで起こるお肌の変化にしっかりと意識を向けていくことが非常に重要になります。

特に、年齢によって起こるお肌の変化と脱毛の関係を意識しておくと、脱毛の利用が容易になります。しっかりと知識をつけておきましょう。

お肌というのは10代の前半から性ホルモンの働きにより皮脂が分泌されるようになり、徐々にお肌を乾燥から守ることができるようになってきます。この皮脂の分泌は20代にかけて安定し、男性・女性を問わず非常にお肌の健康状態が維持されやすい期間が続きます。

一方30代を過ぎた頃にはホルモンの分泌の低下や、お肌の老化の開始により皮脂の分泌が徐々に落ち着き、お肌が徐々に乾燥しやすくなります。脱毛を行う時にしっかりとお肌の状態を確認する必要が出てくるので、注意しておきましょう。

脱毛をする時はお肌の状態変化に注意しよう

健康な素肌は脱毛に欠かせない

お肌というのは常に状態が変化しつつあり、日光やお肌の水分量、皮脂の量などによって様々な変化を遂げています。

実は、お肌の状態変化を意識して脱毛を利用しないと脱毛をした後にお肌の状態が悪くなったり、脱毛を受けることができない状態になってしまいます。

特に注意しておきたいのが紫外線による影響です。お肌の中のメラニン色素を作るメラノサイトという細胞は年齢とともにその数が減る傾向にあり、年齢が若い方の場合には日焼けの影響がより強く出やすくなってしまいます。

お肌が日焼けしている状態では実は脱毛ができなくなってしまうことがあり、このほかにもアトピー性皮膚炎などの肌トラブルを抱えている方の場合には脱毛を利用する前に注意が必要です。

脱毛を利用する時にはしっかりとお肌の変化に気を配る必要があるのです。

あまりに若すぎる脱毛は要注意!

お肌と年齢には密接な関係があり、脱毛を利用する時にはあらかじめお肌の状態をしっかりと意識しておくことが重要だとご理解いただけたと思います。

実は最近になり脱毛を利用する方の低年齢化が進行していて、最近では中学生で脱毛を利用する方もいるほど脱毛が若い方に浸透しています。

ですが、実はあまりに若すぎる年齢で脱毛を受けるとお肌にトラブルが起こってしまう事があり、若年で脱毛を利用する時には安心できる環境を探す事が重要です。

しっかりと脱毛に関連した注意点や代表的なトラブルを把握してから脱毛を利用するように心がけておきましょう。

この年代では要注意!脱毛の注意点はなに?

知って起きたい未成年の脱毛のポイントはここ!

お肌と年齢には密接な関係があり、お肌の状態によって結果が左右される脱毛との関係を考えると、年齢別の注意点をしっかりと把握しておく事が非常に重要だと言えます。基本的な着眼点をよく身につけておきましょう。

10代の脱毛で気をつけたいポイント!

10代の方が脱毛を利用するときに注意しておきたいのが日焼けです。

一般的に行われている光脱毛などの脱毛はお肌の中のメラニン色素という色素に光を当てる事で毛根の細胞の働きを抑え、脱毛に導くという流れになっているのですが、肌が日焼けしてしまっている場合には、肌全体にダメージを与えてしまう場合があります

このため、事前に日焼けしていないかどうかしっかりと確認しておく必要があるのです。10代はメラノサイトの数も多く、社会人に比べて日に当たる機会が多いので、日焼けをする機会が多くなります。

あらかじめ日焼けしていないかどうかしっかりと確認し、入念な対策を立ててから脱毛をするようにしましょう。

20代の脱毛はこうして受けよう

20代の方の脱毛で注意したいのは生理の周期との関連です。20代になるとホルモンバランスが安定化し、生理の周期に合わせて毎月安定してホルモンが分泌されるようになってきます。

しかし、ストレスが加わりやすかったり、社会人になり生活が不規則になるのも20代の特徴で、ホルモンバランスの乱れなどからお肌のコンディションが悪い状態で脱毛をすることになってしまいがちです。

お肌に光を当てるだけの脱毛ですが、敏感肌の方などでは脱毛後にヒリヒリと痛みを感じたり、お肌に赤みが出てきてしまう方もいます。

もともと幼少期にアトピー性皮膚炎を患っていたり、大人になってもアトピー性皮膚炎をお持ちの方の場合には特に注意が必要になります。お肌の状態が良いときに脱毛ができるように気をつけておきましょう。

30代の脱毛はお肌の管理が重要

30代の方の脱毛で気をつけておきたいのが脱毛の周期の理解とお肌の管理です。30代になると仕事でもある程度責任のある立場に立ち、仕事の忙しさが目立ってきます。

20代の頃のような無理がきかなくなってくるのも30代の特徴で、皮脂の分泌量の低下からお肌が乾燥気味になりやすく、外部からの刺激によってお肌に炎症が起こりやすくなります

脱毛の影響でお肌に赤みが出てきたり、場合によってはお肌の炎症が起こってしまうこともあるので、このようなトラブルを起こさないように事前にしっかりと保湿を行いお肌のコンディションを改善する必要があります。

また、ホルモンのバランスが安定化し、十分なホルモンが分泌されている分だけムダ毛も生えやすくなっています。定期的な脱毛ができるように、スケジュール管理を意識して脱毛を行いましょう。

お肌のトラブルにはどんなものがあるの?

お肌のトラブルには様々なものがありますが、脱毛にまつわるお肌のトラブルを理解しておくと非常に役立ちます。

年齢を通じて出てきやすいお肌の悩みや、年齢によって出やすさのことなるお肌のトラブルがあるので、しっかりとお肌のトラブルと対処法について理解しておくと非常に役立ちます。

基本的な知識を身につけておきましょう。

脱毛後は皮膚の赤みと痛みに要注意!

脱毛にまつわるお肌のトラブルの代表は、皮膚が赤く発赤して痛みが出る事です。

光脱毛やレーザー脱毛の出力が強すぎる時に起こるトラブルなので、滅多に起こるものではありません。ただし、お肌が生まれつき敏感だったり、お肌のコンディションが悪化しているときにはこのようなトラブルが起こってしまうことがあります。

お肌のコンディションが悪化しているときには赤みが出てきてしまうことがあり、このような状態が起こったときには早めにお肌の炎症を抑えなければいけません。特に出やすい年齢があるわけではないので、全ての年齢の方に注意していただきたいポイントです。

お肌の赤みや痛み炎症が起こった部位は後々のシミやくすみの原因になるので、エステサロンと提携しているクリニックの診察を受けるようにしましょう。

脱毛後にかゆみが出てくることも

お肌のかゆみも滅多に起こるものではないのですが、脱毛する時に注意したいポイントです。首筋やお顔の脱毛を行った後に出てきやすい症状で、実は10代よりも20代や30代になってからの方がこのようなトラブルが出てきやすくなります。

肌にかゆみが出てくる原因は、脱毛をした後の腫れが肌を刺激してしまうことなのですが、これは光脱毛よりもレーザー脱毛やブラジリアンワックスを利用した脱毛で起こりやすと言われています。

無理に脱毛を行うことでこのようなトラブルが出てきてしまうので、乾燥気味の肌の方や敏感肌の方は注意が必要です。

かゆみが出てきたときには無理に掻いたりせずに冷やしておくとかゆみが収まります。痛みやかゆみがひどい場合には病院で治療を受けると症状が軽快するので、診察を受けるように気をつけてみましょう。

毛穴の感染症が起きたら病院へ!

毛穴の感染症は10代から20代前半の方に注意していただきたいポイントです。体の代謝が活発で汗をかきやすい年齢なので、針脱毛やブラジリアンワックスを利用した脱毛を行った後に注意したいポイントです。

針脱毛のような脱毛はあまり行われていないのですが、ブラジリアンワックスを利用した脱毛では、このようなトラブルが起こってしまう事があります。

光脱毛やレーザー脱毛のように施術してからある程度期間が立ってから脱毛を実感できるものではあまりこのようなトラブルは起こりません。

30代以上の方でも夏場などの汗をかきやすい時期には細菌が引き起こすトラブルに注意しなければいけません。毛穴の感染症に気がついたらすぐに病院で治療を受けましょう。

未成年の脱毛は危ないって本当?

脱毛って本当に危ないの!?

成人している方の脱毛と異なり、未成年の方の脱毛はいくつか注意しなければいけないポイントがあります。

脱毛をする前にしっかりと対策を立てておくとこのようなトラブルを未然に防ぐ事ができるので、ある程度基礎知識を身につけてから脱毛を利用する事が非常に重要です。

安心して脱毛を利用するためには適切な知識を欠かす事ができません。未成年の方特有の脱毛トラブルと対処法をご紹介いたします。

未成年の脱毛はトラブルに要注意

未成年の方に特有の脱毛のトラブルはお肌のトラブルだけでなく、実は法律的なトラブルが大半です。脱毛を利用したいときには未成年の方の場合には保護者の同意が必要になり、特に費用がかかる事なので慎重に対応しなければいけません。

未成年の方が脱毛を利用するときには保護者の同意書を提出する事が必要で、この同意を得られない場合には脱毛を利用する事ができません。

脱毛の契約というのは法律上は準委任契約という契約で、施術一般を相手に任せる契約になりますので、自分が想定していなかった結果になった場合にトラブルが発生しやすくなります。

お肌のトラブルや金銭的なトラブルが起こったときには保護者の方のサポート無しに解決ができなくなるので、あらかじめ保護者の方の理解と同意を得るようにしましょう。

こうして脱毛のトラブルを防ごう

未成年の方の脱毛はお肌を取り巻く環境や、セルフケアの未熟さ故にトラブルが起こりやすい環境が整っています。このため、あらかじめ脱毛について利用者ご自身も保護者の方も理解を深めておく事が重要です。

未成年者の方はホルモンの分泌量が増えている時期ですし、毛根にある毛母細胞という毛を作りだす細胞も非常に活発に活動しています。

脱毛を利用したのにすぐに脱毛効果が現れなかったり、定期的に脱毛をしなければムダ毛の減少を確認できない事があるので、利用する脱毛の性質をしっかりと熟知しておく事が重要です。

光脱毛のように、脱毛の施術後で徐々に毛が少なくなっていく脱毛を利用しているときには、一度や二度の脱毛では、また毛が生えてきます。

そのため、保護者の方にも脱毛の仕組みを理解してもらう事で脱毛を継続して受ける事ができるようになります。保護者の協力と理解を欠かす事ないようにしましょう。

まとめ:脱毛は知識をつけて利用しよう

脱毛を利用するときにはお肌の問題をしっかりと考える必要があります。年齢によって毛の性質も変わりますが、お肌にも大きな変化が起こっているので、年齢に合わせて注意点をよく理解し、しっかりと納得できる脱毛をする事が大切です。

女性のお肌は男性以上にホルモンの影響を受けやすく、生理の周期やストレスなどで状態が大きく変化します。

未成年の方でも安心して脱毛を利用するには、このようなお肌の事をよく理解した上で脱毛の施術を利用し、保護者の方の理解のもとで脱毛を受ける事が重要です。

安心して脱毛を利用できるように、しっかりと基礎知識を身につけ、トラブルが起こらないように脱毛をしていきましょう。

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報
11月人気No.1