脱毛LOVEトップ みんなの脱毛コラム 家庭用脱毛器 レイボーテRフラッシュダブル

今話題のレイボーテRフラッシュダブル、そのコスパの凄さを徹底解説!

レイボーテRフラッシュダブルは、ハイパワーで手軽に脱毛ケアができる家庭用脱毛器です。

従来の「レイボーテRフラッシュPLUS」と比較した場合、照射面積が1.5倍になり、パワーは45%もアップ一度に照射できる範囲が広いだけでなく、ハイパワーなのはかなり魅力です。

また、大小二つのモード切替ができるので、肌の面積が広い部位も、細かく狭い部位もどっちもOK!さらに、肌の色に応じて出力を調整するセンサーがついているので、安心して脱毛ケアができます。

レイボーテRフラッシュダブルが人気な5つの理由

レイボーテRフラッシュダブルの長所を5つ

レイボーテRフラッシュダブルが人気な理由は、大きく分けて5つに分けることができます。

まず、ハイパワーなランプのおかげで確かな効果が実感できることです。そして、ローラー×大きなな照射口でスピーディーにケアできます。従来より45%も照射口が大きいのは、効果大なんです。また、スポットヘッドで細かい部位もカンタンなので、すみずみまでケアできます。

肌色に合わせてカスタマイズしてくれることで、肌トラブルや非効率なケアの心配もナシ。さらに美肌効果も期待できるとあって、人気は今も上昇しています。

理由①|ハイパワーなランプで確かな効果

レイボーテRフラッシュダブルは、キセノンランプとよばれるハイパワーなランプを搭載。それもなんと2個も搭載しているので、従来よりもよりハイパワーになっています。

これにより、パワーは従来より約45%アップ。もはや家庭用脱毛器のレベルではないです。サロンと遜色のないクオリティの脱毛ケアが、いつでもカンタンにセルフでできるんです。

キセノンランプを2個搭載したことで、産毛のような細~い毛から、ワキ毛のように太~い剛毛まで、しっかりとケアできます。

また、黒色にきちんと反応して集中的に照射してくれるので、お肌へのダメージを最低限に抑えながら、ムダ毛には集中的にアプローチをします。お肌に優しいのは、かなり安心できますよね。

理由②|ローラー×大きなな照射口でスピーディー

レイボーテRフラッシュダブルは、ローラーを搭載することによって、お肌の上をコロコロ滑らせるだけで照射してくれます。

さらに、従来の「レイボーテRフラッシュPLUS」と比較した場合、照射面積はなんと1.5倍に。ムダなくどんどんケアしていくことができます。

この2つの特徴のおかげで、広い範囲をスピーディーにケアできます。さらに最短0.2秒で照射できるので、ほんとうにスピーディーです。

さら
さら
ササっと出来て楽
思ったよりも照射口が大きいです。一度でかなりの範囲をカバーしてます。そして、ローラーのおかげで素早くできます。ラクです。

理由③|スポットヘッドで細かい部位もカンタン

ローラーと大きな照射口のおかげで、広範囲な部位がかなりスイスイできるようになっていますが、実は細かい部位もラクチンなんです。

グリップを倒すと、シングルモードになります。これは、連続ではなく手動でボタンを押すと、一発ずつ照射されるモードになっています。さらにスポットヘッドに付け替えると、指や鼻の下といった、ムダ毛があるから何とかしたいけど、狭いからケアしにくいわずらわしい部位も、逃さずきちんとケアできます。

さらには、ビキニラインもカンタンにできるので、ありがちなVIOラインもこれで処理できます。

ローラーモードと比べると時間こそかかってしまいますが、わずらわしい部位をしっかりケアできるのは嬉しいです。

なな
なな
わずらわしいムダ毛も処理できる
女性もヒゲって生えてしまうもの。それも地味に目立つんですよね。そういう鼻の下やアゴの産毛もきちんと処理できたので、かなり万能だなぁと思いました。

理由④|肌色に合わせてカスタマイズしてくれる

レイボーテRフラッシュダブルが他の家庭用脱毛器より優れている理由として、この肌色センサーがあります。

自分の肌の色に合わせて、5段階で最適な出力レベルを自動でカスタマイズ。これにより、無意味なケアの心配がなくなり、効率的かつ確実に処理できるようになっています。

たしかに、出力レベルの調整ってなかなか難しいんですよね。初心者だけではなく、今までも脱毛ケアに取り組んできた人でも悩む部分ではあります。

ですが、このセンサーがあるので問題ナシです。もしそれでも出力が強く感じた場合は、手動で調整できるようにもなっています。

強すぎてしまう心配がなくなり、お肌へのダメージの危険性が極限まで軽減されるのは、かなり安心できます。

理由⑤|美肌効果も期待できる!

レイボーテRフラッシュダブルは、ただ脱毛ケアができるだけではありません。

理由①でも紹介した通り、ハイパワーの源となるのがキセノンランプです。このキセノンランプが放つフラッシュが、実はお肌に良い影響を与えるものなのです。

キセノンフラッシュは、ムダ毛ケアに適した波長だけではなく、美肌効果がある波長の可視光線(フラッシュのこと)も含んでいます。なので脱毛ケアをしながらお肌のケアもできるんです。

光というと紫外線のイメージが強いので、どうしても光に当たると肌には悪影響なんじゃないかな?とついつい感じがち。ですが、この580nm付近の可視光線ならむしろ好影響です。

レイボーテRフラッシュダブルの使い方は?

レイボーテRフラッシュダブルの使用方法と注意点

レイボーテRフラッシュダブルの使い方は、手軽さをうたっているだけあってとってもカンタンです!

まず、電源をONして、5段階からなるレベルを設定、そしたらあとは肌の上を滑らせるだけOKなんです。

広い部位はグリップを平行にして、ローラーモードでコロコロ転がすだけ腕や足はこのモードで処理するのがオススメです。

グリップを倒せば、細かい部位もきちんと処理できるシングルモードに。こちらのモードは、ボタンを押すたびに一発ずつ照射されます。顔やワキ、ビキニラインや指はこのモードでしっかりケアしましょう。

レイボーテRフラッシュダブルの時間の目安は?

レイボーテRフラッシュダブルを、毎日使えばしっかりケアできるのかといえば、そういうわけではありません。

脱毛ケアは、毛周期に合わせて行う必要が必要があります。毛のメラニンを処理していく脱毛は、毛穴に毛がない状態でやっても意味がありません。なので、抜け落ちている時期や、毛の色素がない場所には効果がないのです。

なので、最初の2ヶ月は2週間に一度、3ヶ月目以降は1~2ヶ月に一度使用するのがオススメです。顔の脱毛ケアに関しては、最初は週に2~3回行うといいでしょう。

そして、一回あたりの照射時間はどうすればいいのでしょうか?

ローラーモードで両腕を処理する場合は約20秒、両脚の場合は約80秒程度が目安です。あまりやりすぎるのは禁物です。

レイボーテRフラッシュダブルの注意点は?

レイボーテRフラッシュダブルの注意点には、どんなものがあるのでしょうか?

まずは、照射できない部位です。毛が生えていない部分はもちろんNGですが、毛が生えている部位としては陰部、整形・手術部位、のどぼとけ、まぶた・目の周り、にきび、しみ・ホクロ、眉・額・頭髪、耳、乳首・乳輪、ヘソ内部、血管が見える部位、刺青などさまざまあります。特に顔の毛を処理する場合は、必ずフェイスモードでしましょう。

そして、照射の回数も要注意。ローラーモードでは、同じ部位に1日5分以上、フラッシュを照射するのはNGです。シングルモードでも、同じ部位に1日2回以上、フラッシュを照射してはいけません。適切な時間を守りましょう。

また、コードレスの状態では使用できないので注意です。

iPhoneと連動できるから便利!

レイボーテRフラッシュダブルは、なんとなんとiPhoneと連動できます。

Bluetoothを搭載しているので、スマートフォン(iPhone)に専用アプリをインストールして連動させれば、脱毛ケアのお手入れの記録や、消耗品の状態を管理できます。

このアプリでできることは、たくさんあります。まずは使用ペースを記録してくれます。あと何回、どのペースでやればいいかが一目瞭然。どの部位をよくやっているのかも記録されるので、効率的にケアできます。

また、ローラーモードを使用している時に速度や強さを判定してくれるので、より効率がアップ。さらにはヘッドの交換タイミングを知らせてくれたりと、もう至れり尽くせりです。

レイボーテRフラッシュダブルはどんな人にオススメ?

レイボーテRフラッシュダブルを使うのに向いているタイプの人について

高性能で、かつ効率的に脱毛ケアできるコストパフォーマンスの良さが売りの、レイボーテRフラッシュダブル。家庭用脱毛器に興味があるどんな人にもオススメできるレベルの商品ではあります。

その中でも、特にどんな人にオススメなのでしょうか?

まず、セルフケアでカンタンにキレイになりたい人、肌が荒れないケアに変えたい人にも向いています。

また、サロンに通うのが面倒な人、時間的にも余裕がない人にはかなりオススメです。サロンに通うよりも安いので、かけるお金をなるべく減らしたい人にもオススメできます。

オススメの人①|セルフケアで手軽に脱毛ケアしたい人

レイボーテRフラッシュダブルは、セルフケアで手軽に脱毛ケアしたい人にオススメの商品です。

サロンやクリニックに通うとなると、カウンセリングを受けて、そこから何回も何回も施術を受けに行く必要があります。さらには予約も必要で、なかなか希望の日時がとれないことも。そのうえ、一回の施術にかかる時間はかなり長いとなると、なにかと忙しい現代人には大変です。

ですが、レイボーテRフラッシュダブルならそんな手間はいりません。好きな時間に効率的に脱毛ケアができます。そして最速3分で全身ケアという、かなりスピーディーにできる優れものでもあります。サッと自宅でできるのはかなり大きいですよね。ケアする際も、飲酒やお風呂といった前後の制限なくできるので、いつでもフリーにできます。

オススメの人②|ケアにかける値段を抑えたい人

また、ケアにかける値段を抑えたい人にもレイボーテRフラッシュダブルはオススメです。

サロンやクリニックに通うと、VIOを除いた全身脱毛でも最低ラインで20万前後してしまいます。部分脱毛でも1部位あたりがかなりするので、分割払いにしないと厳しい部分もありますよね。そして、コース終了後も追加で・・・なんてことも。

そんな不安も、レイボーテRフラッシュダブルなら問題ナシ。69,000円(税抜)という価格設定なので、普通の部分脱毛の値段で、全身を脱毛ケアできるということです。

家庭用脱毛器というカテゴリーの中では、レイボーテRフラッシュダブルの69,000円(税抜)という値段はやや高めです。ですが、それだけ高性能なので、コスパはかなりいいです。

レイボーテRフラッシュの3タイプの違い

このようにコスパ良好なレイボーテRフラッシュダブルですが、実はレイボーテRフラッシュシリーズにはいくつかの種類があり、その違いも様々なんです。フラッシュダブルと他機種を比較してみましょう。

まず、レイボーテRフラッシュですが、フラッシュダブルよりも2万円程度安いです。ローラーモードとシングルモードはどちらも標準装備されていますが、フラッシュダブルの方が照射口が圧倒的に大きく、肌色センサーがあるのは大きいです。

そしてもう一つ、レイボーテRフラッシュPLUSというのがあります。こちらはフラッシュダブルより1万円安く、どちらも肌色センサーがあり、スマホ連動も可能です。ですが、照射口に違いが。フラッシュPLUSと比べると、フラッシュダブルの照射口の大きさは45%大きく、倍近くあります。

レイボーテグランデとは何が違うの?値段が段違い!

レイボーテグランデとの差

では、レイボーテRフラッシュダブルと、最上位機種であるレイボーテグランデを比べた場合、どのような差があるのでしょうか。

まず、値段が段違いです。レイボーテRフラッシュダブルが69,000円(税抜)なのに対し、レイボーテグランデは108,000円(税抜)と、4万円近い差があります。それもそのはず、グランデは本体が置き型で、かなりの高出力なんです。

ですが、性能に大きな差があるのかというと、実は意外と差はありません。照射口はグランデのほうが約1.3倍ほど大きいですが、照射時間の差はほとんどないです。美顔機能も両方についており、ランプ寿命も一緒。さらには脱毛可能部位も同じです。むしろグランデは、置き型なので持ち運びには向いていません。

最上位機種と比べてもあまり劣らないところに、レイボーテRフラッシュダブルのコスパの高さ感じられます。

他の家庭用脱毛器との違いとは?スピードに差が

さいごに、レイボーテRフラッシュダブルと他社の家庭用脱毛器とを比較してみましょう。

2PSクリスタルは、レイボーテRフラッシュダブルと価格が近く、並んで人気の機種です。照射回数こそフラッシュダブルが劣りますが、照射面積やセンサーの性能といった利便性はフラッシュダブルに軍配が上がります。

そしてもう一つ同じ価格帯の商品として、スムーズスキンがあります。イギリス生まれのこの商品はコンパクトで使いやすいのですが、照射面積やスピードではやはりフラッシュダブルの方が優秀です。

まとめ

いかがだったでしょうか?レイボーテRフラッシュダブルは、現時点では最もコストパフォーマンスのいい家庭用脱毛器です。

セルフケアでカンタンにできるのに、しっかりと脱毛ケアができて、かつ肌荒れの心配も少ないです。サロンに通う手間も省けるので、自分の都合で脱毛ケアができるのはかなりのアドバンテージ。普段のムダ毛の悩みともおさらばできそうです。

他の家庭用脱毛器と比べても、そのコスパは歴然。安価な商品よりも高性能で、同価格帯の商品よりも使い勝手が良く、そして高価な商品にも負けない使いやすさがあります。

また、同じレイボーテシリーズの中でも群を抜いて優秀です。69,000円(税抜)という値段は、家庭用脱毛器としては少しお高いですが、この先ずっと使うことを考えるとやはり高コスパです。

今まで色々してみたけど効果にギモンがあった人にも、これから脱毛ケアを始める人にも、レイボーテRフラッシュダブルはオススメです。

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報