脱毛LOVEトップ みんなの脱毛コラム 脱毛お役立ち情報 脱毛の回数・期間TOP Iライン脱毛

Iライン脱毛の回数や期間はどのくらい?サロンとクリニックを徹底比較!

TOP

Iライン脱毛をするときに気になる回数と期間。実はサロンとクリニックで回数や期間に大きな違いがあるって知っていましたか?

今回は、Iライン脱毛をするときの回数と期間の違いについて紹介します。

た、脱毛の回数を減らすコツについても紹介するので、ポイントを抑えて脱毛を早く終わらせましょう。

【方法別】Iライン脱毛完了までの回数・期間は?

Iライン脱毛までの回数や期間

まず気になるIライン脱毛を完了させるまでに必要な回数・期間についてです。

ラインはアンダーラインが密集して生えているという人も多いのではないでしょうか。また、身体の他の部分の毛よりも剛毛ですよね。そのため、他の部分よりも時間がかかるのは事実です。

また、Iライン脱毛は、脱毛サロンと医療クリニックによって回数に大きな違いがあります。

加えて、Iライン脱毛は「自然に毛を残したデザイン」にするのか「毛を残さないツルツルにするデザイン」なのかによっても回数に大きな違いが出てきます。

そこで今回は、脱毛サロン・医療クリニック別、デザイン別にIライン脱毛にかかる回数と期間の差をチェックしていきましょう!

【脱毛サロン】Iライン脱毛完了までの回数・期間

 

脱毛方法 4回目〜6回
ナチュラルな脱毛 12回
ツルツル(ハイジニーナ) 18回程度

まずはIライン脱毛を脱毛サロンで行う場合。脱毛サロンは医療クリニックに比べて照射パワーが弱いため、医療クリニックよりも2倍程度の回数・期間が必要です。

特に、Iラインは量が多く、毛が太いことがほとんどのため、他の部分に比べると効果が出るまでに時間がかかることも。

通常4〜6回で効果が出てくるのですが、剛毛の場合はもっと時間がかかってしまうことも。

カウンセリングの際に、アンダーヘアをチェックしてもらい、どれくらいの期間がかかりそうか確認するようにしましょう。

回数が通常よりも多くかかりそうな場合は、回数無制限のプランにするか、思い切って医療脱毛にしたほうが、結果的に早く・安くで完了できることもあるので、注意が必要です。

脱毛サロンでハイジニーナにする場合の回数・期間

まず、脱毛サロンでアンダーヘアを残さずツルツルにする場合、どれくらいの回数や期間が必要なのでしょうか。脱毛サロンでハイジニーナになるにはおよそ18回程度が目安です。

3ヶ月に1度脱毛に通った場合、およそ3年程度かかります。アンダーヘアの量が多い場合は3年以上かかることも少なくありません。

長期間、脱毛に通わないといけなくなるため、3ヶ月以上の長期留学や旅行、引っ越しなどがないと予想される時期にスタートすることが重要です。

通えなくなるくらい遠くに引っ越す場合は、引っ越した先にもサロンがあるか確認しましょう。

大手サロンなら店舗が多いので安心ですよ。

脱毛サロンで自然に整える場合の回数・期間

次に、脱毛サロンで自然に残したデザインで脱毛する場合はどれくらいの回数や期間がかかるのでしょうか。

脱毛サロンでIラインの毛を残したまま自然に整える場合はおよそ12回程度が目安です。3ヶ月に1度脱毛に通った場合、およそ2年かかります。

毛を残す場合は、Vラインとのつながりを意識したデザインが重要になるため、脱毛を始める際に、どのようなデザインにするのか決めておきましょう。

Vラインは残して、Iラインはツルツルにする場合でもIラインの部分をいきなりアンダーヘアなしにすると不自然になるため、Vラインとのつながりが重要ですよ。

【医療クリニック】Iライン脱毛完了までの回数・期間

 

脱毛方法 2回目〜3回目
ナチュラルな脱毛 5回
ツルツル(ハイジニーナ) 8回程度

次に医療クリニックで脱毛をする場合について確認しましょう。医療脱毛は脱毛サロンよりも照射力が強いため、およそ半分の時間で脱毛を終わらせることができます

アンダーヘアの量が多い人や、毛が太い人も、医療脱毛なら効果を早く感じられるでしょう。

平均的なアンダーヘアの人は2、3回目で効果を感じることができます。キャンペーンで1回無料や、2回まで格安で行えるクリニックも多いので、「医療脱毛の効果を実感してみたい」という人は、キャンペーンを利用して挑戦してみるのもおすすめです。

特に、脱毛サロンで効果を感じられなかった場合は、キャンペーンを利用して医療脱毛なら効果があるのか確認してみるといいでしょう。

医療クリニックでハイジニーナにする場合の回数・期間

まずは、医療クリニックでIラインのアンダーヘアを残さずツルツルにする場合の回数についてです。医療クリニックではおよそ8回が目安。3ヶ月に1度通う場合は1年半程度かかることになります。

脱毛サロンで行う場合は3年なので、1年半もの違いはかなり大きいですよね。

Iラインのアンダーヘアは人によっては粘膜にも生えていることも。ですが、粘膜には脱毛の光は照射できないので注意が必要です。

粘膜のラインが気になる人は、カウンセリングの際に「粘膜近くのどのあたりまで脱毛の範囲なのか」確認するようにしましょう。

粘膜ギリギリまで脱毛可能と謳っているクリニックで脱毛するのもおすすめです。

医療クリニックで自然に整える場合の回数・期間

次に、自然にアンダーヘアを残したデザインで脱毛する場合は、どれくらい回数・期間がかかるのでしょうか。

医療クリニックでは5回程度が目安。期間にすると1年弱程度かかります。

1年未満で脱毛が終わるのはかなり魅力的ですよね。

自然に残す場合は、2〜3回行っただけでも、効果を感じられることも。減っていくのを感じながら脱毛を行えるのは安心感がありますね。

自然な脱毛は5回や6回程度のプランで契約することになります。アンダーヘアの量が多く心配な人は、脱毛の様子を見ながら、もし量を減らしたいと思う場合には追加で1回ずつ脱毛回数を足していくのもおすすめです。

Iライン脱毛を短期間で済ませる方法とは?

Iライン脱毛の期間を短くする方法

Iライン脱毛は、脱毛サロンなら12〜18回、医療クリニックでは5〜8回程度脱毛が必要だと分かりました。

療クリニックで自然な脱毛を行う場合は1年未満で脱毛が完了する、というのは思っていたより短いという人も多いのではないでしょうか。

実は、先ほど紹介した脱毛の回数は期間は一般的なもので、これよりも脱毛の回数を減らせる可能性があるって知っていましたか?

脱毛の効果を上げるコツを知ると、脱毛の回数や期間を減らすポイントをおさえることができるんです。

ではさっそく、脱毛の効果を上げるにはどんな方法があるのかチェックしていきましょう!

医療脱毛でスピーディーに脱毛を完了させる

Iライン脱毛をスピーディーに完了させるには、医療脱毛での脱毛がおすすめです。脱毛サロンではなく医療サロンで脱毛するだけで、スピードは2倍変わります

「とにかく早くVライン脱毛を終わらせたい!」「早く効果を感じたい」というあなたは医療脱毛でスピーディーに終わらせましょう。

特に、アンダーヘアの量が多い・太い人は、最初脱毛サロンで脱毛をしても、効果を感じられず、後から医療脱毛に切り替えることになるかもしれません。

そうなると今まで通った脱毛サロンでの脱毛の期間は、カウントされず、またゼロからのスタートになることも……。

せっかく脱毛をしたのに効果を感じられなければ、脱毛をする意味がありませんよね。

確実な効果が期待できる医療脱毛で脱毛することで、ロスタイムを防ぐことができますよ。

脱毛のペースを必ず守れるスケジュールを立てる

Iライン脱毛は2〜3ヶ月に1度脱毛を行います。この期間は、サロンやクリニックの予約がつまっていてとれないのではなく、毛の周期に合わせて次の脱毛の期間を決めているんです。

2〜3ヶ月たつと、次の毛根が作られているので、できた毛根へ照射する、という流れです。

このペースは、個人の毛の生えるスピードによって計算されていているため、2ヶ月で次の脱毛をすることもあれば、3ヶ月あけることも。

いずれにせよ、サロンやクリニックから指定されたペースで通うことが重要です。そのため「1年間海外へ留学するから脱毛に来られない」など長期で脱毛のペースが狂ってしまうと、脱毛の効果も弱まってしまいます。

脱毛を始めるときには、脱毛が完了するまで、通えるのかを確認することが大切です。

脱毛前のセルフケアを徹底&忘れない

脱毛前はセルフケアが大切

Iライン脱毛は、脱毛前にセルフケアをしてサロン・クリニックに行くことを忘れてはいけません。

有料で剃毛サービスがあるところもありますが、セルフケアを忘れると、施術ができないことも。また、剃り忘れている場所があった場合、剃り残しがある部分は脱毛を行わないこともあるのです。

一部だけ脱毛できないと、その部分だけ脱毛の回数が遅れてしまいますよね。広範囲で剃り残しがあった場合は、予約を取り直した方が無難です。

脱毛に行く2日前にはIラインをセルフケアして、前日、当日と剃り残しがないかチェックすると確実ですよ。防げるミスでタイムロスしてしまわないように、自分で対策できる部分はしっかりと確実に行いましょう

また、セルフケアで傷をつけてしまうと、傷が治るまで脱毛ができないことも。電気シェーバーなどを利用して、安全に脱毛することも重要です。

黒ずみ・色素沈着をケアして照射の効果を高める

Iラインは常に下着に覆われているため、こすれて黒ずみができやすい場所。

また、湿気もたまりやすく肌荒れしやすい場所です。そのため、黒ずみや色素沈着ができてしまっているという人もいるのではないでしょうか。

脱毛の光は黒色に反応してパワーを届けています。そのため、黒ずみや色素沈着があると、アンダーヘア以外の皮膚にも光が反応してしまうことに。

本来は脱毛のために使われる光のパワーが分散してしまうと、もったいないですよね。毛をなくすためだけに脱毛のパワーを使えるように、黒ずみや色素沈着のケアをできる限り行いましょう

黒ずみや色素沈着には、保湿をすることや、専用の美白グッズを使うことがおすすめです。

また、Iラインは自己処理によって黒ずみができやすい場所です。後述する、自己処理のやり方をよく確認して、黒ずみをつくらないセルフケアを行ってくださいね。

ホルモンバランスを整えるように生活習慣に気をつける

ホルモンバランスと脱毛の効果は実は関係があったって、知っていますか?私達は女性ホルモンも男性ホルモンも分泌しているため、バランスを保つことが重要です。

男性ホルモンの分泌が盛んになると、毛が生えるスピードが早くなったり、毛を増やしてしまうことになってしまいます。

毛を減らしたくて脱毛をしているのに、毛を作ってしまっていては脱毛の効果が感じられなくなってしまいますよね。そのため、ホルモンバランスを整えることが重要なんです。

ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活をすることが大切。夜中いつまでも起きていたり、ストレスを溜め込んだりしている人は要注意!健康的な生活が脱毛にもつながるんですよ。

肌の乾燥はNG!自宅でのスキンケアを忘れない

「Iラインのスキンケアは黒ずみがある人がするものでしょ?」というあなた。

実は黒ずみや色素沈着がある人以外でも、Iラインの「保湿」をするスキンケアは重要なんです。

Iラインの皮膚はスキンケアされないことが多く、乾燥しやすい場所。実は脱毛をするときに肌が乾燥していて、真皮まで潤っていない場合、光のパワーが届きにくくなってしまうんです。

脱毛サロンやクリニックで保湿を進めるのは、肌のケアをする以外にも、脱毛の効果にも関係しているからなんですよ。

また、Iラインの脱毛はVIOラインの中でも特に痛みを感じやすい場所です。乾燥をしていると痛みをより感じやすくなってしまうため、Iラインの脱毛をするときに痛みを感じたくない人は、普段から保湿ケアをしっかり行いましょう。

デリケートゾーン専用のスキンケアを使ったり、グリセリンなどデリケートゾーンにも使える保湿剤を使ってケアしてくださいね。

Iライン脱毛はどうやってセルフケアするの?

Iラインの脱毛をするときには、セルフケアをして脱毛に行くことが重要だと分かりました。ではセルフケアはどのように行ったらいいのでしょうか。

鏡・電動シェーバーを使うことがポイント

Iラインは、自分からは直接見えない場所。そのため鏡を使って毛の位置を確認しながら行いましょう。

また、カミソリを使うと肌を痛めてしまいます。電動シェーバーを使って、なるべく肌の負担を減らして行うことが重要ですよ。

毛を剃った後は、清潔にしてスキンケアをするまでがセルフケア。黒ずみができないように保湿を忘れないようにしましょう。

まとめ:自分にあった方法でIライン脱毛を完了させよう

ライン脱毛が完了してセクシーな女性

Iライン脱毛は脱毛サロンと医療クリニックで大きな差があることが分かりました。どちらの方法が自分にとって一番いいのか、よく考えて選んでみてくださいね。

より早く効果がでるポイントを抑えて、よりスピーディーに脱毛を行いましょう。

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報
12月人気No.1